草刈で見える思い描いたガーデン風景【プロに依頼するのがスマート】

森や山のお手入れ

手袋

山や森、林などを所有していると、時々間伐をしてメンテナンスを行なう必要が出てきます。間伐を行なわずに、木々が密集してしまうと樹の枝同士で太陽光を遮ってしまいます。そうなると、下まで光が届かず、木や植物の成長に悪影響が出ます。きのこの栽培や、木の育成、植物などの成長にはある程度の太陽光が必要です。光合成ができず、成長が滞ってしまうためです。また、木同士が絡みあうと、弱って曲がったりした木が生えやすくなります。根がしっかり張らないことで土壌保全効果も弱まっていきます。根で土をしっかりくわえ込むことで地すべりや土砂崩れを防ぐことにも効果がありますので、しっかりと根を張った森や山にするのが重要です。定期的に間の木を間伐し、メンテナンスを行なうのが土地の主として管理することになります。しかし、間伐は木を伐採するため、森や林、山に入って不要な木を選んでから切り倒すとなるとかなり労力と時間を必要とするでしょう。広さによっては1人や2人ではどうにもならないこともあります。こうした時には、間伐を行なってくれる業者に依頼した方が安全で簡単です。木を倒すにはそれなりの技術と経験が必要です。間伐する木の判断、木を切る方法、倒れる方向の把握、この知識を持った上で、かなりの数の木に対して行なわなければなりません。その点において、間伐業者はプロですから、必要人数で長年の経験や知識から間伐する木を選び、効果的に光を摂り入れることができるように森や林をメンテナンスすることができることでしょう。