草刈で見える思い描いたガーデン風景【プロに依頼するのがスマート】

意外と手入れが必要です

草

庭や、公園、サッカーグラウンド、ゴルフ場など様々な場所で芝生が敷かれています。芝生は、丈夫な植物ですが手入れをしっかりしないと美しい芝生を保つのは難しいものです。雑草の種が居着いて、放っておいたら雑草だらけになってしまうことも多いため定期的にお手入れが必要です。芝生の手入れには、まず、水やりは欠かせません。夏の季節には每日の水やりを必要とします。季節により水やりの推奨回数が変わるため、根腐りをさせないためにも水やり回数も季節に合わせて調整が重要です。海外のお庭のような広い範囲ではよくホースリールでの散水がされています。また、芝生の手入れとして数年に一度は目土入れを行なうと芝生が元気に育ちます。雑草の種の混ざらないように注意し、薄く土を芝生に撒く手入れ方法です。また、芝生の環境によっては芝焼きを行ない雑草や病害虫の駆除を行なうことで芝生を育てるサポートをすることも必要になります。火の処理などは危険を伴うため、それが必要な環境かも含めて、芝生の手入れは業者に相談した方がいいでしょう。一般家庭でも景観保持にはこうした手入れを必要としますが、公園やゴルフ場やサッカーグラウンドの芝生管理となると、さらに広大な場所を手入れする必要が出てきます。とくにサッカーやゴルフは、芝生の重要性がかなり高いスポーツです。きちんとした手入れや管理を必要とします。美しい芝生の保持にはこうしたお手入れが欠かせません。芝生は放置しても育つ屈強な植物ではなく、意外とお手入れが必要なのです。